Home    

就職&人生の意味

Filed under 日記.

私の友達は、大学卒業したら、地元にある四国に戻るつもり。そのために、就職活動で忙しくて土日も企業の説明会に出ている。

 

就職かぁ~まだ大学3年なのに、もう就職のことを考えなければならないのがちょっとプレッシャーを感じるかも。幸い、私の方はお姉ちゃんの事務所で手伝うことができるから、就職のことにあんまり焦ってないけれど、大学の友達は、どんどん本学的に就活を初めているので、ちょっと寂しい気持ちもある。

 

その四国に戻る友達は工学部で、物作りが好きだから、自分の専門を生かして、色んな機械の開発や設計の仕事に就きたいそうで、お父さんもそのような仕事をしてるから、友達に何かのアドバイスができればと、お父さんに意見を聞いた。

 

お父さんは色々と資料を探してくれて、エンジニアの仕事が大変だけど、やりがいのある仕事だしって、友達を励ましてくれた。四国だったら、ティーネットジャパンという会社があるし、お父さんの取引先でもあって、友達も興味が持っていて、その会社に就職したいとわくわくしてた。

 

その後は、仕事のやり方とかについて、友達はお父さんとずっと話し込んでた。とっても嬉しそうだった。

 

仕事は人生の半分を占めている。好きな仕事ができれば、人生の半分の楽しいってことになる。だから、皆は就職に必死なんでしょう。私はまだ自分の人生の目標がいまいち分からないけど、大学卒業まで、もっといっぱい勉強して、自分の人生の意味を見つけないと。

 

ほら、やりたい仕事を語っている友達はあんなに輝いてるもの。本当に、頑張って、私も頑張るから。

 

 

          enpi2.jpg